膝痛

このようなお悩みはありませんか?

・膝を曲げると痛い

・階段の昇り降りの動作をすると膝が特に痛む

・ジャンプすると膝が痛むので思うように動けない

・半月板あたりがズキズキと痛む

・年齢とともに膝の痛みが大きくなってきた

膝痛とは

 膝痛とは、膝関節の周辺に痛みが出るものです。

 膝関節痛もこの中に入るものになります。

 膝の痛みで多いのは、高齢者における、変形性膝関節症だと思われます。

 しかし、変形性膝関節症以外にも筋肉の緊張からくるもの、靭帯や半月板の損傷、多くの症状が考えられます。

 ひどい症状であれば、レントゲンやMRIやCTなどで検査を行った後に、様々な手術や注射など多種多様な施術方法が考えられます。

膝痛の原因

 膝痛に多い変形性膝関節症などは、加齢により関節軟骨がすり減ってしまいおきてしまう膝関節の負担が原因です。

 そのほかにも、膝関節の痛みとして、加齢、運動不足、それに伴う筋力の低下、適切な関節運動が出来ずに問題を起こし痛みにつながります。

 関節ばかりでなく関節を包んでいる関節包、靭帯、半月板などに負担がかかってしまい、膝を上手に支えられずに痛みが生じたりします。

膝痛においてのはとり接骨院の考え方

 残念ながら変形してしまった膝関節、損傷してしまった半月板、すり減った軟骨を復活させることは難しいです。

 膝関節ごと入れ替えてしまう人工関節置換術のようなことを行っても残念ながら膝が元通りの機能になることは難しいと考えます。

 上記にも記しているとおり、上手に関節運動が行われない状態で日々の生活やお仕事を行うことにより余計に悪化してしまう事が考えられます。

 はとり接骨院では、膝に痛みや違和感が出た際にはなるべく早い段階で膝の痛み、違和感に対してアプローチをする必要があると考えております。

 そのため、膝痛は、早期に対策、早期に正しいアプローチをすることが大切です。

膝痛においてのはとり接骨院のアプローチ方法

 ほとんどの方が痛みはもちろん、違和感を訴えてはとり接骨院にご来院されます。

 まず、痛みを少しでも軽減するために、物理療法機器を使用して鎮痛、血流改善を行います。

 膝関節の周りには、多くの筋肉が付着し緊張した状態であり、また関節包内の関節液が多く出て腫れてしまったり、また関節液がしっかりと出ないために痛みが出ていることが多く、筋緊張や関節液に対してのアプローチをラジオ波(WINBACK)にて正常化していきます。

 同時に膝関節を支える筋肉がしっかりと使えるようにアプローチをしていきます。

受付・施術時間

 
午前 --
午後 --

【 平日 (月曜除く) 】
午前 9 :00~12:00
午後15:00~20:00

【 土曜・祝日 】
午前 9 :00~12:00
午後15:00~19:00

【 定休日 】
日曜、月曜

所在地

〒371-0056
群馬県前橋市
青柳町502-6
青柳町交差点すぐ近く。
ウエルシア前橋青柳店さま南側。
広い無料駐車場ございます。

お電話は…
027-235-2555
または、
フリーダイヤル はとさん よい

0120-8103-41

お問合せ・アクセス・地図

PageTop